京都大学医学部附属病院。娘の病気が見つかってすぐに飛び込んできたので予備知識もなく、半分、パニック状態で入院をして治療をしています。そして、約3ヶ月が経過しました。少しは落ち着き、色々なことが見えてきました。良くも悪くも、大病院ならではの, 余りにもの衝撃と苦痛から記事を書く余裕が全くなかったからです。と記述がしてありました。あの時の事を思い出すだけで恐怖が襲ってきます。そんな出来事が起きました。仕事を終えて病院に向かいいつもの様に病棟に入ってみると何やら来望の部屋でドタバタと慌ただしい雰囲気がしています。急いで病室に入ってみると看護師さんと奥様が来望を抑えて何かをしています。泣きながら必死で来望を呼ぶ奥様。一生懸命、来望に話掛けて落ち着かせようとしている看護師さん。パニック, 入院してから常に何かの管に繋がれていた来望。いつからか、その姿にも慣れて来て当然の様になっていましたが、もし、管が無くなったとしたらそれは・・・そんな想いは私だけでなく奥様も当然、同じだと思います。奥様との交代する中で話をしてくれたのは、夕飯にハヤシライスを食べて直後にそのまま吐いたと・・・今も続く来望の状態に逃げる事が出来ずに全てを受け止めてしまっている奥様。本当に糸が限界に張り詰めているそんな状況になっています。全く寝れてないのか?ふらふらと歩く姿, 今日も来望は起きません。薬も飲めないので起きる必要もないからです。痛み止めの点滴を追加はしていきますが、頓服薬はストップしてます。飲んでも吐き出してしまうからです。なので眠っています。ただただ、時間が流れるのを側にいて過ごしているだけです。なので、入院当初から冗談で始めた眠っている来望にキスをして写真を撮るという事を久しぶりにやってみました。まさか、これが来望にキスをした最後の写真になるとは思いもしませんでした。もっと、もっと沢, とにかく、腫瘍の詳細を調べなくてはいけないので「生検」腫瘍の一部を取り出し検査をすることで効率的な治療が可能になる検査。をする事になります。私でも経験のない全身麻酔をする娘一人で手術室に入っていく姿をみては号泣です。気を緩めるとところかまわず涙が出てくるんですよね・・弱い父親でごめんね。何も解らずただ、ただ、元気になるために頑張っている娘に負けないように強い人になりたい!一緒に頑張ろうね!大好きな娘よ!生検の前にも先生から説明がありましたが基本的には頭, 今日も朝からは眠っている娘ちゃん。午前中には先生が来て、久しぶりに来望と対面で話をしました。これからは決して嬉しい話を聞ける事もないとは思います。解っているのですけど解ってますけど・・・少しの期待があったり、落胆な話だったり。それでも、時間は残酷にも止まることなく進んでいます。どうする事もできずに、最近、頭にコブが出来ました。気が付くと、大小合わせて3~4個は触れば完全に解るほど。少し押さえると痛みを感じる様です。担当医に聞いても、検査をしないと解らな, 事務所で仕事をした後、18時に病院に向かって走り出します。この時間が一番嫌いな時間です。今日の来望はどうだろう?痛みで苦しんでないかな?今日も寝ているのかな?症状は悪くなってないかな?今後はどうなっていくのか?色々な想いを過らせつついつもと同じ道を走らせます。本当だったら、家族で一緒に旅行にいったり買い物にいったりするはずの車に乗って。そんな今日は先日の検査結果を聞く日となっています。今まで検査結果を聞いてきて嬉しかったという記憶はあまりありませ, 昨日の夕方に奥様と交代をして自宅で目覚めた昼。今日は日曜だからですね。起きてからは、すぐに来望の部屋の移動の為に来望の勉強机をバラしてから隣の部屋に移動させます。ただ、一人で作業ですし移動するのは大変で通路の広さを確保したり邪魔なものを移動させたりとなかなかの作業でしたよ~。しかも弟君は遊びにいって家に居ないので一人でやるしかないのです・・作業中も、念願の来望の一人部屋。ずっと欲しい、欲しいと言ってたし彼氏君も出来たんだからね~そりゃ~ほしいですよね。, 清々しい朝の祇園界隈年末年始で観光客も多く和装の方も多かったですね。そんな京都の景色を楽しむ余裕も少しでてきたかな・・とはいえ、病院に、急ぎます!それは・・・遅刻しているからです!朝の8時に起きるつもりが気が付けは11時前!奥さんからは急がなくて良いよ~って言われてましたがそんな訳にもいかず100均一を探しつつ必要なものだけ購入して病院に向かいます余談ですが、街の中心部の百円均一は外国人の人が多いよねーそんな途中で南座を通り抜け病院に。娘も、奥さんも穏やかな感じで安心, 今日も眠り続けている来望ちゃん。起きません。本当に眠り姫という感じでたまに頭をなでたり。匂いを嗅いでみたり。頬を擦り合わせたり。手を握ってみたり。足を擦ってみたり。彼女に触れれる事、出来る事を今しておこうと必死になっていますが、それでも来望は眠っています。痛みを訴える事が減っているので辛い事はないのでしょうけど、来望にとって、これでいいのか?というのが、私達夫婦の想いです。交代の際に自宅療養の話をしますが今の状態で家に帰っても彼女にとってのQOLはどうなのか?, 娘も自宅にいると気分が楽なのか痛みも多くは少ないみたいでリラックスしてテレビをみていますね~!たぶん、普通の正月休みならばこれが一般家庭の休日なんですよね。それを特別な時間と感じれるのですから、本当に複雑な気分です。明後日からの本格的な治療がスタートする不安も大きく、この先、どうなってしまうのか?ただ・・・信じて進みましょう!それしかないのですから!でも本音は病院に戻りたくない。このまま家族4人で過ごしたい。ずっと・・・・。心からそう思ってしまう時間でもあるのです。, なんと!!朝から娘ちゃんの調子がよくて朝からパンは食べるし菓子も食べるしで絶好調?!な娘ちゃん。朝起きて、朝ご飯を食べてテレビを見る。普通の事なんですけど今の私達には幸せすら感じる時間です。余りにも調子がよいので散歩に外へ!病室でテレビを見ていると来望が「天気いいの?外の空気吸いたい!」と言って来たんですよ暫くは、副作用の影響で吐き気が強くかなり厳しい状況だっただけに、本当に嬉しい一言でした。急いで看護師さんを呼んで散歩に出ても良いのか?と確認をしてみたら, 今日から、科学療法のスタートです。昨夜は激痛の早朝でしたがなんとか収まり、今は薬の成分でウトウトしてます。朝から何とか朝食をたべてゆっくりしていると先生が来たり掃除のおばさまが来たり点滴したり、お風呂に入ったり・・ドタバタしておりますが本人は意識朦朧。そんな今からはMRIの検査にいって心電図の検査をして、帰ってきたら、科学療法して、もしかしたら、耳鼻科の検査もありそうです。うーーーん治すための治療なのに弱らせてませんか?必要なのは解ってるんですけど検査の為に, 今日は昼過ぎには起きた来望。オランザピンを止めたこと事で覚醒度が上がったみたいですが、逆に辛い状況になっているのかも。昨夜の辛さから引き続き、起きてしまえば、吐き気、今までの左足と新たに、右腕の痛みが継続して続き、息も辛いのか、ゼーゼーと喉を鳴らしながら一生懸命呼吸をしているような状況。肺にも水が溜まりだしているようにも感じます。なんにしても、会話できません。「うーうー」と涙目でコチラを見てますがだからといって私から問いかけても何の反応もありません。, 昨夜は私が病室でのお泊まりの夜。日付が変わるタイミングで痛みが強くはでましたが、看護師さんを読んでフラッシュしてもらいなんとか乗り越えると後はスンナリと眠りに付いてくれました。ただ・・一時退院を目指して痛み止めを点滴から飲み薬に変えていますが、やはり、速効性がないので娘としては「点滴が良いわぁー」って愚痴っていますね。痛みは辛く大変なので出来れば点滴がよい。との事。当然ですよね麻酔科の先生達も毎日来てくれ「痛みはどう?」と聞いてくれます。「10段階で一, なんと!娘の頑張りもあって一時帰宅となりました!家族四人で迎える初めての大晦日となりました。結婚してからは、大晦日は友人の家にて年越しをしていたので家族四人だけの年越しは平成最後の今年が初めてとなります!夕方前に飲み薬などをもらいそのまま帰宅しました。久しぶりに見る院外の景色は彼女にはどんな風に写ったのでしようね。6日振りの車に自宅激動と激痛を乗り越えての帰宅だったんですが割と普通なんですよね・・しかも、弟君まで熱が出てきて風邪を引いたのか?嫁も高熱ですし今年の年越しは, 雲も無い素晴らしい天気。今日から2019年の新生活がスタートします。自分は仕事始めですし息子は新学期が始まりました。奥さんは、まだ会社には伝えていませんがパートを止めます。そして・・娘はこれから、辛い治療の日々。家族が揃って笑顔になるために頑張っていかないと駄目なんですよね。これは、口にしなくても皆の願いでもあります。そんな朝の通勤で朝に娘と同じ制服を着た笑顔の子供達が学校に向かっています。もしも、来望が元気だったら、入院してなければこうやって学校に向かってたかと, 寝れないみたい。来望が痛みで眠れないと数時間おきに痛みで起きては薬で誤魔化すという感じ。昨夜も眠れず、明け方まで起きていただけに午前中はゆっくりと眠っていたいのにも関わらず医師の軍団が数名でイキナリ病室に入ってきた。それでも、これだけの医師がいるのです来望状況を考えるとなんとかして欲しい。なにか良い方法があるかも。そんな期待を込めて「痛みが酷くなってます。」「どうにか出来ないでしょうか?」と伝えると、う~ん、どう?痛い?そっか~だったら相談してくるね, 朝から嬉しいプレゼント!クスリケースにお祝いのコメントが!看護師さんが気を使って書き込んでくれていました。これには娘も本当に喜んでいました。この京大附属病院の小児科では薬ケースに毎日日付を入れてくれるのですが、その蓋にいつも一言だったり絵を書き入れて渡してくれるという気づかいをしてくれています。この事は何も思いませんでしたが後になればなるほど、このチョットとした事が患者さんと看護師さん達との距離を狭めてくれたり、信頼感に繋がるんだなぁ~と痛感させられました, さきほど爪を切りながら娘が不意に一言「私って助かるよなぁ?」と聞かれて間髪いれずに「あたりまえやん!」「治らんのに治療するかいな!」と言えてよかった・・もし、返答に悩んでいたり考えていたらどうなっていただろうと。娘は「そうやんなぁ・・」って半信半疑なのかもしれませんが納得してくれました。今から思えば、納得したふりだったのかな?不安だったんだろうと思います。もしも大人だったとしても大きな腫瘍が体の中にあると知ってる状態で100%治るというのが解らないのですから, 夕方に奥様が病院に到着してから先日のCT検査結果を聞きました。いつもの部屋です。この部屋にくると辛く・悲しい想いしかないので私は嫌いです・・嫌な空気しか流れない中医師からの説明が始まります。重く息苦しい雰囲気の中医師が説明を始めます。覚悟はしていましたが実際に聞くと・・・ここには書き込まないですが、当然、嬉しい話は一つもないです。むしろ槍で背中を突かれたようなそんな話が続きます。冷静に聞いているようですが何の話も頭に入ってきません。想像が出来ないからで, 長い時間、自宅にいるので本当に自然に笑い声が響く自宅のリビング。夜には来望が「やってあげる」と両親の耳掃除をしてくれました。こんな幸せな時間が過ごせるなんて想いもしてなかっただけに涙をこらえるのに必死でした。多分・・・黙っては居ましたが奥様も同じ気分だったと思います。嬉しい気持ちや辛い気持ち悲しい気持ち、こんなにも色々な感情を感じる事があるとは。深夜まで話をしたりテレビを見たりしていると気が付くと明け方に。急いで眠る事に!!当然, もう全ての出来事が来望にとっては人生「最後」の出来事となっています。この日も基本的には眠り続けるそんな来望ですが、何よりも気になるのは・・「息苦しい」との事。多分、これは進行が進んでいるのは確実なのでしょうね。それに、気になるのは頭に出来た無数のコブ。大きいものから、小さなものまで合計では10個弱ほど出来てます。そして肩の痛み。これももしかしたら、進行が進み鎖骨に転移しているのかも。という事なので一度検査して現在の状況を把握しようという事になりました, 本日は昨夜の夜更かしからか娘は昼過ぎにおきてからボーとしています。お薬藻効いているのかな?麻薬系の飲み薬なんで痛みを抑えるのに多めに飲んでるから尚更かも。何にしても、自宅での時間は最高。今まで、当たり前だったことがこんなにも素敵な事なんだと改めて実感!ただ、奥さんと息子が発熱しだしてきましたまさかのインフルエンザ?そうなると看病も出来なくなるしかなり厳しくなります。とはいえ、娘は家でゆっくりしていただけに出来る限り家にいる事に。私は何だかんだと寝れなかったので朝に, しばらく使っていない車椅子。それぐらいに来望の行動範囲は狭くなっています。部屋からも出れてないって事ですねしかたがありません。痛みが引かないのですから。そんな中、今日は麻酔科の先生と面談今の現状ではかなり限界の麻酔を毎日いれているので他の方法として「ブロック注射」という提案がありましたので一度、専門の先生に話を聞く事になりました。外来病棟の麻酔科の一室で話を聞くことに。外来診療は終わっていたので誰も居ない外来病棟。私達以外にも沢山の人がここや、違う, 目が覚めると天井の照明扇風機がクルクルと回っています。そこには、娘の姿はありません。誕生日だった19日。一時退院の許可がでました。かなり吐き気が強く辛そうでしたが私達親の強い希望、それは「誕生日は自宅で!」と思っていました。ただ、それが裏目にでたようです。なんとか自家用車に乗せて帰宅しましたが基本的にずっと、横になっている状態動きもせずに、何も飲み食いもできずただただ、布団に入っているだけ。これでは病室にいるのと一緒じゃ?と娘に聞いてみたら、, やっぱり今日も朝からずっと眠っていた来望でしたね。とはいえ、夜はそれなりに来望も起きて何かしています。メインはスマホですけどね。何をしているのか?何を見ているのか?それは解りませんし詮索もしません。彼氏とも会えてないもんね・・そんな夜の過ごし方の中に特に何があった訳でもないのですが、毎回耳掃除をしてくれます。足が痛いのは解っているのですけどそれでも頑張って耳掃除をしてくれます最近では、結構、奥の方に綿棒をいれてガッツリ取ってくれるんですよね。, 闘病251日目 ブロック注射の説明を麻酔科の先生に聞く。痛みが引かないが頑張る一日 190830.

今回、国立がんセンター中央病院に入院してみて驚いた! 何に? って、その設備の凄さに。(@_@;)先ず、4人部屋へ通されてびっくり \( o )/!KO病院の古い病棟の6人部屋ほどの広さに、4ベッド。更に、驚いたことに、トイレとシャワー室が付いている。 京大病院の医療事故は「偶然」が幾重にも重なり起きてしまった 「6.7倍の濃度」「炭酸水素ナトリウム」という二つのキーワードが出ればある程度想像できた医療人も多いかと思う。 【スポンサーリンク】 ※炭酸水素ナトリウム®注射液(1.26%)の浸透圧比:1(生食に対する比), 投与中、患者さんから「おかしいので医師を呼んでほしい」と訴えがあるもスルー。その後心電図のアラームが鳴り、トイレで倒れている患者さんを発見。, 出血を止めるためにプラザキサの効果を消し去る薬(中和薬)をいち早く使用しなければならない場面。, その場で対応していた医療チームは誰も当患者さんがプラザキサを内服していることを把握しておらず、医療安全管理室が「偶然」気が付いたことでようやく中和薬「プリズバインド静注液」が投与された。, 薬剤師が不在の時に処方となり薬剤師の目が通っていなかったのかと思ったが、報告書に「薬剤師による処方監査でも気づくことができなかったことから…」との記載があるので、薬剤師の目を通らなかったわけではなかったようだ。ここは個人の能力によるところがあるので、医療安全的にはここを責めるべきではないのは重々に承知しているつもりだが、やはりここで気付けていたら…と考えてしまう。, この調剤が1人で行われたのか、それとも2人で行われたのかは不明。複数人が処方鑑査をしっかり行い、何重にもチェックを繰り返すことでミスを最小限に抑えることが理想だが、今回はどうだったのか。もし複数人のチェックを行っても尚、今回のようなミスにつながるのであれば、やはり組織的に何か問題あるのか?と考えてしまう。, 「仮に自分が勤務している病院で同様の処方が出た際にはどうだろう?」と考えると、100%防げる自身は正直ない。 公式ジャンル「入院・闘病生活」の総合ブログランキングページです。入院・闘病生活ジャンルで一番人気のブログは「ママ(わたし)ガンになった…」です。 …薬剤部長でも何でもないので、下っ端として出来ることをやってみようと思う。. 近藤真彦 不倫疑惑報道で「ジャニーズ内序列」に大変化→どこのワイドショーも取り上げませんね, 京大病院で薬剤の濃度を誤って投与、入院患者が死亡 止血でも、ミス重なる | 京都新聞 https://t.co/dzPUK47T7W なぜ検査までの時間がとれなかったのかという疑問もありますが、何かおかしいと思いつつ処置を継続してミスに気づけなかったのが残念な事例。, — kotanimasako (@ktnmk) November 19, 2019, 「申し訳なく、心よりお詫び申し上げる。」「再発防止に努めていく」って言えばいいだけなんですね。メインの医者すら出てこないし。大学病院なんてこの程度なんですね。

www.yakuzari.work 京都大医学部付属病院(京都市左京区)は19日、腎機能障害のある心不全の男性入院患者に、注射薬の炭酸水素ナトリウムを処方する際、誤って本来投与すべき薬剤の6・7倍の濃度の同一成分製剤を投与した結果、6日後に死亡したと発表した。 www.yakuzari.work. | www.yakuzari.work 新しい記事に書くか、当記事に追記していくかは決めていないが、いずれかの方法でまたまとめたいと思う。, 他にもこんなこと書いてます↓↓
犬 白血球 30000 9, 幼馴染とオオカミ君には騙されない ネタバレ 12 6, ライフ ドラマ Dailymotion 4話 5, Generations Bts パクリ 36, 株式会社 Vis 姫路 5, 婚 活 デート7 回目 15, Ie11 Calc Polyfill 4, 好きな人 遊びに誘う 高校生 男子から 17, 生田絵梨花 写真集 ネタバレ 5, 大学バレー 進路 2020 4, トヨタ ライズ 自転車 4, プレドニゾロン 犬 通販 6, フォートナイト アリーナ 順位 14, 旅猿 トルコ Hulu 4, テスコム ドライヤー Nib2600 口コミ 6, 猫 寿命 ギネス 7, 犬 空 嘔吐 水 5, ダイソー イニシャル ポニー 6, Pubgモバイル クイックチャット バグ 7, インコ 生体 通販 4, 国技館 焼き鳥 休止 4, マイクラ 川 トラップ 7, Shin Sakura Taisen The Animation 8, 右36 左10 右59 右97 4, C言語 Atoi 逆 4, Pubgモバイル Ipad Pro フィルム 4, 手作り 花束 プレゼント 6, リモートデスクトップ プリンタ リダイレクト 無効 5, ニシ アフリカ トカゲモドキ 餌 食べない 9, 千葉テレビ アナウンサー 駒井 4, ピン ホール カメラ 4k 8, " />

京大病院 入院 ブログ 7


近所の新京都南病院に一晩入院して朝の10;00に退院してくれ!とここは何処かのホテルなの?と嫁と文句も言いながらとにかく言われるがままに退院です。そして久しぶりに麻酔で眠れた娘ちゃんを無理矢理、起こして自家用車にて移動となります。転院先は、完成、日本でも最大級で最高であろう京大病院に転院となりました。ここが、彼女と私達の戦場となります。とにかく彼女の痛みを取り去ってほしい。後はそれからです。新しい環境になりますがまだまだ、スタートしたばかり頑張ります!, 午前中の10時までに入院の手続きをしてほしいと言われたので急いで京大病院に向かいました。そして・・・転院の手続きといいますかこちらの病院に来て一番最初は入院手続きですですが、とにかく大病院だから人が多いんです!そもそも病院に入るだけでも駐車場の順番待ち・・入院患者だろうが関係なし。大渋滞しています。辛そうにしている娘を少しでも早く病院に連れて行きたいので周辺のコインパーキングにいれるのですが、高い!15分で300円という事は一時間1200円ってのも言ってられない, 仕事をしていると、奥様からのラインが届きました。もしかして!と恐怖と共にスマホを見てみると「とりあえず、吐き続けていると。」ただ、痛みが少ないようなのでそれに関しては良いのだが・・と、奥様は動揺を隠せず、耐えきれず連絡してきたようです。当然です。愛娘が何も口にできず、何も語らず、ただただ眠り起きたとしても、苦しそうに嘔吐。何も出来ない状況に、ただただ、耐えるだけなのですから。そんな状況で来望の側にいる奥様の心情を考えるだけでも、仕事も手に付かず、ただた, ちょっと来望が落ち着いたので現時点での不満を。京都、もしくは関西・日本でも上位にランクされるであろう医学病院でもある、京都大学医学部附属病院。娘の病気が見つかってすぐに飛び込んできたので予備知識もなく、半分、パニック状態で入院をして治療をしています。そして、約3ヶ月が経過しました。少しは落ち着き、色々なことが見えてきました。良くも悪くも、大病院ならではの, 余りにもの衝撃と苦痛から記事を書く余裕が全くなかったからです。と記述がしてありました。あの時の事を思い出すだけで恐怖が襲ってきます。そんな出来事が起きました。仕事を終えて病院に向かいいつもの様に病棟に入ってみると何やら来望の部屋でドタバタと慌ただしい雰囲気がしています。急いで病室に入ってみると看護師さんと奥様が来望を抑えて何かをしています。泣きながら必死で来望を呼ぶ奥様。一生懸命、来望に話掛けて落ち着かせようとしている看護師さん。パニック, 入院してから常に何かの管に繋がれていた来望。いつからか、その姿にも慣れて来て当然の様になっていましたが、もし、管が無くなったとしたらそれは・・・そんな想いは私だけでなく奥様も当然、同じだと思います。奥様との交代する中で話をしてくれたのは、夕飯にハヤシライスを食べて直後にそのまま吐いたと・・・今も続く来望の状態に逃げる事が出来ずに全てを受け止めてしまっている奥様。本当に糸が限界に張り詰めているそんな状況になっています。全く寝れてないのか?ふらふらと歩く姿, 今日も来望は起きません。薬も飲めないので起きる必要もないからです。痛み止めの点滴を追加はしていきますが、頓服薬はストップしてます。飲んでも吐き出してしまうからです。なので眠っています。ただただ、時間が流れるのを側にいて過ごしているだけです。なので、入院当初から冗談で始めた眠っている来望にキスをして写真を撮るという事を久しぶりにやってみました。まさか、これが来望にキスをした最後の写真になるとは思いもしませんでした。もっと、もっと沢, とにかく、腫瘍の詳細を調べなくてはいけないので「生検」腫瘍の一部を取り出し検査をすることで効率的な治療が可能になる検査。をする事になります。私でも経験のない全身麻酔をする娘一人で手術室に入っていく姿をみては号泣です。気を緩めるとところかまわず涙が出てくるんですよね・・弱い父親でごめんね。何も解らずただ、ただ、元気になるために頑張っている娘に負けないように強い人になりたい!一緒に頑張ろうね!大好きな娘よ!生検の前にも先生から説明がありましたが基本的には頭, 今日も朝からは眠っている娘ちゃん。午前中には先生が来て、久しぶりに来望と対面で話をしました。これからは決して嬉しい話を聞ける事もないとは思います。解っているのですけど解ってますけど・・・少しの期待があったり、落胆な話だったり。それでも、時間は残酷にも止まることなく進んでいます。どうする事もできずに、最近、頭にコブが出来ました。気が付くと、大小合わせて3~4個は触れば完全に解るほど。少し押さえると痛みを感じる様です。担当医に聞いても、検査をしないと解らな, 事務所で仕事をした後、18時に病院に向かって走り出します。この時間が一番嫌いな時間です。今日の来望はどうだろう?痛みで苦しんでないかな?今日も寝ているのかな?症状は悪くなってないかな?今後はどうなっていくのか?色々な想いを過らせつついつもと同じ道を走らせます。本当だったら、家族で一緒に旅行にいったり買い物にいったりするはずの車に乗って。そんな今日は先日の検査結果を聞く日となっています。今まで検査結果を聞いてきて嬉しかったという記憶はあまりありませ, 昨日の夕方に奥様と交代をして自宅で目覚めた昼。今日は日曜だからですね。起きてからは、すぐに来望の部屋の移動の為に来望の勉強机をバラしてから隣の部屋に移動させます。ただ、一人で作業ですし移動するのは大変で通路の広さを確保したり邪魔なものを移動させたりとなかなかの作業でしたよ~。しかも弟君は遊びにいって家に居ないので一人でやるしかないのです・・作業中も、念願の来望の一人部屋。ずっと欲しい、欲しいと言ってたし彼氏君も出来たんだからね~そりゃ~ほしいですよね。, 清々しい朝の祇園界隈年末年始で観光客も多く和装の方も多かったですね。そんな京都の景色を楽しむ余裕も少しでてきたかな・・とはいえ、病院に、急ぎます!それは・・・遅刻しているからです!朝の8時に起きるつもりが気が付けは11時前!奥さんからは急がなくて良いよ~って言われてましたがそんな訳にもいかず100均一を探しつつ必要なものだけ購入して病院に向かいます余談ですが、街の中心部の百円均一は外国人の人が多いよねーそんな途中で南座を通り抜け病院に。娘も、奥さんも穏やかな感じで安心, 今日も眠り続けている来望ちゃん。起きません。本当に眠り姫という感じでたまに頭をなでたり。匂いを嗅いでみたり。頬を擦り合わせたり。手を握ってみたり。足を擦ってみたり。彼女に触れれる事、出来る事を今しておこうと必死になっていますが、それでも来望は眠っています。痛みを訴える事が減っているので辛い事はないのでしょうけど、来望にとって、これでいいのか?というのが、私達夫婦の想いです。交代の際に自宅療養の話をしますが今の状態で家に帰っても彼女にとってのQOLはどうなのか?, 娘も自宅にいると気分が楽なのか痛みも多くは少ないみたいでリラックスしてテレビをみていますね~!たぶん、普通の正月休みならばこれが一般家庭の休日なんですよね。それを特別な時間と感じれるのですから、本当に複雑な気分です。明後日からの本格的な治療がスタートする不安も大きく、この先、どうなってしまうのか?ただ・・・信じて進みましょう!それしかないのですから!でも本音は病院に戻りたくない。このまま家族4人で過ごしたい。ずっと・・・・。心からそう思ってしまう時間でもあるのです。, なんと!!朝から娘ちゃんの調子がよくて朝からパンは食べるし菓子も食べるしで絶好調?!な娘ちゃん。朝起きて、朝ご飯を食べてテレビを見る。普通の事なんですけど今の私達には幸せすら感じる時間です。余りにも調子がよいので散歩に外へ!病室でテレビを見ていると来望が「天気いいの?外の空気吸いたい!」と言って来たんですよ暫くは、副作用の影響で吐き気が強くかなり厳しい状況だっただけに、本当に嬉しい一言でした。急いで看護師さんを呼んで散歩に出ても良いのか?と確認をしてみたら, 今日から、科学療法のスタートです。昨夜は激痛の早朝でしたがなんとか収まり、今は薬の成分でウトウトしてます。朝から何とか朝食をたべてゆっくりしていると先生が来たり掃除のおばさまが来たり点滴したり、お風呂に入ったり・・ドタバタしておりますが本人は意識朦朧。そんな今からはMRIの検査にいって心電図の検査をして、帰ってきたら、科学療法して、もしかしたら、耳鼻科の検査もありそうです。うーーーん治すための治療なのに弱らせてませんか?必要なのは解ってるんですけど検査の為に, 今日は昼過ぎには起きた来望。オランザピンを止めたこと事で覚醒度が上がったみたいですが、逆に辛い状況になっているのかも。昨夜の辛さから引き続き、起きてしまえば、吐き気、今までの左足と新たに、右腕の痛みが継続して続き、息も辛いのか、ゼーゼーと喉を鳴らしながら一生懸命呼吸をしているような状況。肺にも水が溜まりだしているようにも感じます。なんにしても、会話できません。「うーうー」と涙目でコチラを見てますがだからといって私から問いかけても何の反応もありません。, 昨夜は私が病室でのお泊まりの夜。日付が変わるタイミングで痛みが強くはでましたが、看護師さんを読んでフラッシュしてもらいなんとか乗り越えると後はスンナリと眠りに付いてくれました。ただ・・一時退院を目指して痛み止めを点滴から飲み薬に変えていますが、やはり、速効性がないので娘としては「点滴が良いわぁー」って愚痴っていますね。痛みは辛く大変なので出来れば点滴がよい。との事。当然ですよね麻酔科の先生達も毎日来てくれ「痛みはどう?」と聞いてくれます。「10段階で一, なんと!娘の頑張りもあって一時帰宅となりました!家族四人で迎える初めての大晦日となりました。結婚してからは、大晦日は友人の家にて年越しをしていたので家族四人だけの年越しは平成最後の今年が初めてとなります!夕方前に飲み薬などをもらいそのまま帰宅しました。久しぶりに見る院外の景色は彼女にはどんな風に写ったのでしようね。6日振りの車に自宅激動と激痛を乗り越えての帰宅だったんですが割と普通なんですよね・・しかも、弟君まで熱が出てきて風邪を引いたのか?嫁も高熱ですし今年の年越しは, 雲も無い素晴らしい天気。今日から2019年の新生活がスタートします。自分は仕事始めですし息子は新学期が始まりました。奥さんは、まだ会社には伝えていませんがパートを止めます。そして・・娘はこれから、辛い治療の日々。家族が揃って笑顔になるために頑張っていかないと駄目なんですよね。これは、口にしなくても皆の願いでもあります。そんな朝の通勤で朝に娘と同じ制服を着た笑顔の子供達が学校に向かっています。もしも、来望が元気だったら、入院してなければこうやって学校に向かってたかと, 寝れないみたい。来望が痛みで眠れないと数時間おきに痛みで起きては薬で誤魔化すという感じ。昨夜も眠れず、明け方まで起きていただけに午前中はゆっくりと眠っていたいのにも関わらず医師の軍団が数名でイキナリ病室に入ってきた。それでも、これだけの医師がいるのです来望状況を考えるとなんとかして欲しい。なにか良い方法があるかも。そんな期待を込めて「痛みが酷くなってます。」「どうにか出来ないでしょうか?」と伝えると、う~ん、どう?痛い?そっか~だったら相談してくるね, 朝から嬉しいプレゼント!クスリケースにお祝いのコメントが!看護師さんが気を使って書き込んでくれていました。これには娘も本当に喜んでいました。この京大附属病院の小児科では薬ケースに毎日日付を入れてくれるのですが、その蓋にいつも一言だったり絵を書き入れて渡してくれるという気づかいをしてくれています。この事は何も思いませんでしたが後になればなるほど、このチョットとした事が患者さんと看護師さん達との距離を狭めてくれたり、信頼感に繋がるんだなぁ~と痛感させられました, さきほど爪を切りながら娘が不意に一言「私って助かるよなぁ?」と聞かれて間髪いれずに「あたりまえやん!」「治らんのに治療するかいな!」と言えてよかった・・もし、返答に悩んでいたり考えていたらどうなっていただろうと。娘は「そうやんなぁ・・」って半信半疑なのかもしれませんが納得してくれました。今から思えば、納得したふりだったのかな?不安だったんだろうと思います。もしも大人だったとしても大きな腫瘍が体の中にあると知ってる状態で100%治るというのが解らないのですから, 夕方に奥様が病院に到着してから先日のCT検査結果を聞きました。いつもの部屋です。この部屋にくると辛く・悲しい想いしかないので私は嫌いです・・嫌な空気しか流れない中医師からの説明が始まります。重く息苦しい雰囲気の中医師が説明を始めます。覚悟はしていましたが実際に聞くと・・・ここには書き込まないですが、当然、嬉しい話は一つもないです。むしろ槍で背中を突かれたようなそんな話が続きます。冷静に聞いているようですが何の話も頭に入ってきません。想像が出来ないからで, 長い時間、自宅にいるので本当に自然に笑い声が響く自宅のリビング。夜には来望が「やってあげる」と両親の耳掃除をしてくれました。こんな幸せな時間が過ごせるなんて想いもしてなかっただけに涙をこらえるのに必死でした。多分・・・黙っては居ましたが奥様も同じ気分だったと思います。嬉しい気持ちや辛い気持ち悲しい気持ち、こんなにも色々な感情を感じる事があるとは。深夜まで話をしたりテレビを見たりしていると気が付くと明け方に。急いで眠る事に!!当然, もう全ての出来事が来望にとっては人生「最後」の出来事となっています。この日も基本的には眠り続けるそんな来望ですが、何よりも気になるのは・・「息苦しい」との事。多分、これは進行が進んでいるのは確実なのでしょうね。それに、気になるのは頭に出来た無数のコブ。大きいものから、小さなものまで合計では10個弱ほど出来てます。そして肩の痛み。これももしかしたら、進行が進み鎖骨に転移しているのかも。という事なので一度検査して現在の状況を把握しようという事になりました, 本日は昨夜の夜更かしからか娘は昼過ぎにおきてからボーとしています。お薬藻効いているのかな?麻薬系の飲み薬なんで痛みを抑えるのに多めに飲んでるから尚更かも。何にしても、自宅での時間は最高。今まで、当たり前だったことがこんなにも素敵な事なんだと改めて実感!ただ、奥さんと息子が発熱しだしてきましたまさかのインフルエンザ?そうなると看病も出来なくなるしかなり厳しくなります。とはいえ、娘は家でゆっくりしていただけに出来る限り家にいる事に。私は何だかんだと寝れなかったので朝に, しばらく使っていない車椅子。それぐらいに来望の行動範囲は狭くなっています。部屋からも出れてないって事ですねしかたがありません。痛みが引かないのですから。そんな中、今日は麻酔科の先生と面談今の現状ではかなり限界の麻酔を毎日いれているので他の方法として「ブロック注射」という提案がありましたので一度、専門の先生に話を聞く事になりました。外来病棟の麻酔科の一室で話を聞くことに。外来診療は終わっていたので誰も居ない外来病棟。私達以外にも沢山の人がここや、違う, 目が覚めると天井の照明扇風機がクルクルと回っています。そこには、娘の姿はありません。誕生日だった19日。一時退院の許可がでました。かなり吐き気が強く辛そうでしたが私達親の強い希望、それは「誕生日は自宅で!」と思っていました。ただ、それが裏目にでたようです。なんとか自家用車に乗せて帰宅しましたが基本的にずっと、横になっている状態動きもせずに、何も飲み食いもできずただただ、布団に入っているだけ。これでは病室にいるのと一緒じゃ?と娘に聞いてみたら、, やっぱり今日も朝からずっと眠っていた来望でしたね。とはいえ、夜はそれなりに来望も起きて何かしています。メインはスマホですけどね。何をしているのか?何を見ているのか?それは解りませんし詮索もしません。彼氏とも会えてないもんね・・そんな夜の過ごし方の中に特に何があった訳でもないのですが、毎回耳掃除をしてくれます。足が痛いのは解っているのですけどそれでも頑張って耳掃除をしてくれます最近では、結構、奥の方に綿棒をいれてガッツリ取ってくれるんですよね。, 闘病251日目 ブロック注射の説明を麻酔科の先生に聞く。痛みが引かないが頑張る一日 190830.

今回、国立がんセンター中央病院に入院してみて驚いた! 何に? って、その設備の凄さに。(@_@;)先ず、4人部屋へ通されてびっくり \( o )/!KO病院の古い病棟の6人部屋ほどの広さに、4ベッド。更に、驚いたことに、トイレとシャワー室が付いている。 京大病院の医療事故は「偶然」が幾重にも重なり起きてしまった 「6.7倍の濃度」「炭酸水素ナトリウム」という二つのキーワードが出ればある程度想像できた医療人も多いかと思う。 【スポンサーリンク】 ※炭酸水素ナトリウム®注射液(1.26%)の浸透圧比:1(生食に対する比), 投与中、患者さんから「おかしいので医師を呼んでほしい」と訴えがあるもスルー。その後心電図のアラームが鳴り、トイレで倒れている患者さんを発見。, 出血を止めるためにプラザキサの効果を消し去る薬(中和薬)をいち早く使用しなければならない場面。, その場で対応していた医療チームは誰も当患者さんがプラザキサを内服していることを把握しておらず、医療安全管理室が「偶然」気が付いたことでようやく中和薬「プリズバインド静注液」が投与された。, 薬剤師が不在の時に処方となり薬剤師の目が通っていなかったのかと思ったが、報告書に「薬剤師による処方監査でも気づくことができなかったことから…」との記載があるので、薬剤師の目を通らなかったわけではなかったようだ。ここは個人の能力によるところがあるので、医療安全的にはここを責めるべきではないのは重々に承知しているつもりだが、やはりここで気付けていたら…と考えてしまう。, この調剤が1人で行われたのか、それとも2人で行われたのかは不明。複数人が処方鑑査をしっかり行い、何重にもチェックを繰り返すことでミスを最小限に抑えることが理想だが、今回はどうだったのか。もし複数人のチェックを行っても尚、今回のようなミスにつながるのであれば、やはり組織的に何か問題あるのか?と考えてしまう。, 「仮に自分が勤務している病院で同様の処方が出た際にはどうだろう?」と考えると、100%防げる自身は正直ない。 公式ジャンル「入院・闘病生活」の総合ブログランキングページです。入院・闘病生活ジャンルで一番人気のブログは「ママ(わたし)ガンになった…」です。 …薬剤部長でも何でもないので、下っ端として出来ることをやってみようと思う。. 近藤真彦 不倫疑惑報道で「ジャニーズ内序列」に大変化→どこのワイドショーも取り上げませんね, 京大病院で薬剤の濃度を誤って投与、入院患者が死亡 止血でも、ミス重なる | 京都新聞 https://t.co/dzPUK47T7W なぜ検査までの時間がとれなかったのかという疑問もありますが、何かおかしいと思いつつ処置を継続してミスに気づけなかったのが残念な事例。, — kotanimasako (@ktnmk) November 19, 2019, 「申し訳なく、心よりお詫び申し上げる。」「再発防止に努めていく」って言えばいいだけなんですね。メインの医者すら出てこないし。大学病院なんてこの程度なんですね。

www.yakuzari.work 京都大医学部付属病院(京都市左京区)は19日、腎機能障害のある心不全の男性入院患者に、注射薬の炭酸水素ナトリウムを処方する際、誤って本来投与すべき薬剤の6・7倍の濃度の同一成分製剤を投与した結果、6日後に死亡したと発表した。 www.yakuzari.work. | www.yakuzari.work 新しい記事に書くか、当記事に追記していくかは決めていないが、いずれかの方法でまたまとめたいと思う。, 他にもこんなこと書いてます↓↓

犬 白血球 30000 9, 幼馴染とオオカミ君には騙されない ネタバレ 12 6, ライフ ドラマ Dailymotion 4話 5, Generations Bts パクリ 36, 株式会社 Vis 姫路 5, 婚 活 デート7 回目 15, Ie11 Calc Polyfill 4, 好きな人 遊びに誘う 高校生 男子から 17, 生田絵梨花 写真集 ネタバレ 5, 大学バレー 進路 2020 4, トヨタ ライズ 自転車 4, プレドニゾロン 犬 通販 6, フォートナイト アリーナ 順位 14, 旅猿 トルコ Hulu 4, テスコム ドライヤー Nib2600 口コミ 6, 猫 寿命 ギネス 7, 犬 空 嘔吐 水 5, ダイソー イニシャル ポニー 6, Pubgモバイル クイックチャット バグ 7, インコ 生体 通販 4, 国技館 焼き鳥 休止 4, マイクラ 川 トラップ 7, Shin Sakura Taisen The Animation 8, 右36 左10 右59 右97 4, C言語 Atoi 逆 4, Pubgモバイル Ipad Pro フィルム 4, 手作り 花束 プレゼント 6, リモートデスクトップ プリンタ リダイレクト 無効 5, ニシ アフリカ トカゲモドキ 餌 食べない 9, 千葉テレビ アナウンサー 駒井 4, ピン ホール カメラ 4k 8,

Leave a comment

Open chat
1
Hello
Can we help you ?
%d bloggers like this: